TOP

ガイダンス 入会前のQ&A

利用環境について

○いつでも利用できますか?

好きな時間に利用できます。

○準備するものはありますか?

パソコンとインターネット接続が可能な環境が必要です。

○海外からは利用できますか?

日本語を理解できる方、パソコン(日本語入力可能)とインターネット接続が可能な環境があれば利用できます。

○パソコンではなく携帯電話からでも利用できますか?

作詞スクールはパソコン専用となっております。携帯電話からはご利用になれません。

○ストリーミングを見るのに必要なソフトはありますか?

特別なソフトを用意する必要はありません。こちらのページで映像が再生できるかをご確認ください。再生された映像に問題がなければ受講に支障はありません。

○ブロードバンド環境がなくても受講はできますか?

こちらのページで映像が再生できるかをご確認ください。ブロードバンド接続は推奨環境であり、再生された映像に問題がなければ
受講に支障はありません。

入会申込について

○どうすれば入会できますか?

トップページご入会申込ボタンをクリックしてから、案内に沿ってお申込みください。入会案内メールが届きますので、内容をご確認
ください。

○海外に住んでいた場合の住所などはどうすれば良いですか?

入会申込フォーム「郵便番号、都道府県、住所、電話番号」には、受講料の振込に利用される銀行口座の名義人住所で
お願いいたします。この時、住所欄に「××市○○1-2-3(名義人氏名)」のようにご記入ください。

受講料の振込に利用される銀行口座の名義人住所が海外の場合は、本籍地の住所でお願いいたします。
住所欄に「××市○○1-2-3(本籍地)」のようにご記入ください。

※ 日本の国籍を有していない場合は別途ご相談ください

○新規入会登録で“メールアドレスがすでに登録されている”と表示され申込みできません。

一度入会申込みされますと、二重登録を防ぐためにお申込み情報を一定期間保存しております。そのため、同じメールアドレスでの
再登録はできません。同じメールアドレスで再登録をご希望の場合、お問い合わせフォームからご連絡ください。

受講料と支払い方法について

○受講料はいくらですか?

基本受講料は以下の通りです。

コース 受講料 支払回数
エントリーコース 16,200円(税込み) 一括払いのみ対応
メインコース   8,640円/月×12回払い(税込み)
デビューコース 162,000円(税込み) 一括払いのみ対応
コンペ参加費   5,400円/1回 (税込み)

○支払い方法は?

銀行振り込みでお願いしております。振込先は「三井住友銀行 志木ニュータウン支店」となります。なお、お振込み手数料は
会員様の負担でお願いいたします。

○クレジットカードで支払いはできますか?

現段階ではご利用になれません。

○受講料を後払いにしても良いですか?

後払いはお断りさせていただいております。

○受講料の振込みをしたのですが、入金確認の通知がきません。

スクール事務局の入金確認は通常13:00~17:00頃に行います。振込みをされるタイミングによっては翌日以降の処理となる場合があります。

○海外在住の場合、受講料の振込みはどのようにすれば良いですか?

身内の方やご友人など、日本在住の方に振込みをお願いする方法をおすすめいたします。

○ネットバンキングやテレホンバンキングでの振込みはできますか?

振込み方法については、会員様のご都合でお決めください。

○エントリーコースは月初めから受講しないと受講期間が短くなりますか?

月末から受講を開始すると、月初から受講を開始する場合に比べ、一ヶ月近く受講期間が短くなります。エントリーコースのお振込みは月初にされることをおすすめいたします。

各コースについて

○エントリーコースだけを目的として受講はできますか?

エントリーコースのみを目的とした受講は可能です。

○メインコースまたはデビューコースからの受講はできますか?

全ての方にエントリーコースから学んでいただいております。デビューコースについては、教授陣に才能を認められたごく一部の方のみが入会できるシステムになっております。

○本当にデビューできますか?

デビューコースに入会し受講を終了した方は、必ずCDや音楽配信などで作詞家デビューできます。

キャンセルと退会について

○エントリーコース入会申込み後のキャンセルはできますか?

入会申込みをしても、振込みを行わなければ自動的にキャンセル扱いとなります。なお、入金後のキャンセルはできません。

作詞について

○作詞に興味があります。どのように勉強していけば良いですか?

まず色々なことに興味を持つことから始めてください。映画を観たり、音楽を聴いたり、本を読んだり…そして感動したことを言葉にして
書いてみてください。最初は人の書いた詞を真似ることから初めて、だんだん自分のスタイルを探して行ってください。

○比較的若者を対象としないような歌詞を提出しても良いですか?

作詞スクールの教授陣はオールラウンドで活躍されている方が多く、ポップス系歌謡曲や演歌系歌謡曲などの歌詞にも対応できます。

その他


 


現在準備中
現在準備中
現在準備中